ページトップへ

外観完成予想CG※1,2,3

品格薫る造形と豊かな緑景。
それは街の景観を刷新する存在に。

文京の地に息づく品位を継承しつつも、街の景観を一新する洗練際立つ造形を目指して。
風格ある存在感を印象づける堂々たる佇まい。ゆったりとした暮らしをもたらす配慮の行き届いた敷地計画。
まさに、住まうほどに誇らしさが増す独創の舞台です。

外観完成予想CG

外観完成予想CG※1,2,3

優雅な日常を演出する設計思想。

南と東が公道に面する、開放的で採光に優れた二方角地。住戸は明るい南向きが中心※8で、ゆとりあるワイドスパン設計※9。1階住戸の多くには、専用テラスをご用意。エントランスホールは2層吹抜とガラス張りにより、明るく開放感あふれる迎賓の場としました。また、都会的なデザインが施された公道沿いのスペースには植栽を豊富に配し、緑が連なる潤いに満ちた景観を創出しています。

敷地配置図イラスト

敷地配置図イラスト※7

アガパンサス

参考写真

アガパンサス
コブシ

参考写真

コブシ
ソヨゴ

参考写真

ソヨゴ
ヤマザクラ

参考写真

ヤマザクラ
ヤマボウシ

参考写真

ヤマボウシ
ラベンダー

参考写真

ラベンダー

※7 掲載の敷地配置図イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。今後、行政指導、施工上の理由等により計画に変更が生じる場合があります。※掲載の写真は全て参考写真です。掲載の植栽は計画段階のものであり、埴種が変更になる場合があります。

悠然たる造形が新たな景観を創造する

外観完成予想CG

外観完成予想CG※1,2,3

水平ラインを強調したグリッドデザインにより、通りに映える伸びやかなファサードを実現。アースカラーの質感あるせっ器質タイルやホワイト系の御影石により、建物全体の落ち着きと品格を創出。

マテリアル素材イメージ写真

マテリアル素材イメージ写真※11

株式会社陣設計 設計室 チーフデザイナー 由田 力

株式会社陣設計 
設計室 チーフデザイナー

由田 力
Yoshida Tsutomu

都心を中心に数々の集合住宅プロジェクトに参画。外観や外構からインテリア、家具まで、デザインを手掛ける。また、大規模複合施設のリニューアルにも携わるなど、都市性を追求した建築デザインを生み出している。

設計事例

クレヴィア成城

クレヴィア成城
(平成28年11月竣工)

クリスタルリブガラスを採用した
エントランスホール。

2層吹抜の贅沢な空間としたエントランスホール。シンメトリーを意識した柱状のデザイン壁、質感豊かなタイルや大理石により、歓待の場にふさわしい落ち着きのある空間としました。また、開放感と明るさをもたらす大きな開口部には、美しく穏やかな陽光を届けるクリスタルリブガラスを随所に採用し、上質な雰囲気を演出。日本有数の家具メーカー「天童木工」が手掛けるオーダーメイド家具も設置し、空間の格調を高めています。

エントランスホール完成予想CG※1,2,12

エントランスホール完成予想CG※1,2,12

1940年創業の歴史ある木製家具メーカー。中央官庁をはじめ金融機関や企業の上級エリアから一般家庭まで幅広く製品を供給。成形合板の技術をいち早く実用化させ、「強さ」「美しさ」「軽さ」「上質な手触り」を備えた家具を生み出し、著名な建築家やデザイナーにも支持されています。

日常の上質感を高める内廊下

共用廊下は高級感のある内廊下設計を採用し、各戸の独立性に配慮したデザインとしました。また、ダウンライトをリズムよく配置し、ハイグレードなホテルを思わせる、シックで落ち着きのある空間としました。

内廊下完成予想CG※1

※1 掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。形状の細部、設備機器、配管等は省略または簡略化の上、表現しております。今後、行政指導、施工上の理由等により、計画に変更が生じる場合があります。※2 植栽は、実際に植樹する植栽と樹形、枝ぶり、葉や色合いが異なる場合があります。また特定の季節の状況を示すものではありません。尚、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。※3 本マンション敷地外の近隣建物や電柱・標識等は省略または簡略化の上、表現しておりますが、将来形状等が変更となる可能性があります。※4 掲載の完成予想CGは、現地階相当より撮影(平成29年7月)した眺望写真に計画段階の図面を基に描き起こした完成予想CGを合成し、光等、CG処理を加えたものであり、実際とは異なります。眺望は将来的に保証されるものではありません。また、各住戸からの眺望は異なります。※5 本マンション敷地外の近隣建物の高さ、外形線等は簡略化の上、表現しており、実際とは異なります。将来形状が変更となる可能性があります。※6徒歩分数は80mを1分として算出しています。※8 総戸数85戸のうち39戸。※9 開口部の間口幅(芯々)が3LDKで約7.0m以上、2LDKで約5.5m以上、1LDKで約4.8m以上を表現しております。※11掲載の素材イメージは本計画に採用予定の素材です。実際とは色味、質感が異なる場合があります(平成29年10月撮影)。採用素材は施工上の都合により、変更になる場合があります。※12共用部の家具・調度品・照明等は計画段階の内容で、今後変更となる場合がございます。