ページトップへ

kitchen

Security

  • ALSOK24時間セキュリティシステム

    最新の情報技術とコンピューターテクノロジーを駆使した24時間・365日体制のセキュリティシステムを採用。各住戸のセキュリティ情報はインターホン経由でALSOKのガードセンターへ直結し、万一、異常が発生した場合は警備員が迅速に対応します。

  • 防犯サムターン

    外部から不正に解除つまみを回して侵入するサムターン回しに対処するため、工具で引っ掛けて回しにくい方式を採用しています。

  • ダブルロック

    鍵穴を2ヶ所に設置したダブルロック方式を採用して、防犯性に配慮しました。

  • プッシュプルドアハンドル

    「押す・引く」のワンアクションで開閉できるハンドルを採用しました。

  • 鎌デッドボルト

    バールこじ開けなどの対策として、ロック時にドアとドア枠がしっかりと噛み合う鎌デッドボルトを採用しています。

  • 防犯ドアスコープ

    玄関ドアに来訪者を確認できるドアスコープを設置。外部から在室の確認を困難にするカバー付きです。

  • カラーモニター付インターホン

    来訪者をインターホンの通話とカラー映像で確認できます。録画機能も備えています。また、住戸玄関前の来訪者を通話にて確認できます。

    ※玄関前は通話機能のみ。

  • Tebraキー

    風除室・自転車置場出入口等には、鍵をカバンやポケットに入れたまま、オートロックが開錠できるTebraキーシステムを設置しました。

    ※設置箇所により、システムの仕様が異なります。
    また、お渡しするTebraキーの本数は住戸により異なります。

  • ディンプルキー

    約5兆5千億通りもの鍵違い数を有した、不正開錠が極めて困難なClavis22シリンダーを採用しました。

  • 防犯センサー

    住戸開口部と玄関ドアにはセンサーを設置。警戒設定中に窓や玄関ドアが開くと、インターホンから警報音を発し、警備会社に自動通報されます。(FIX窓は除く)

  • CP認定玄関ドア

    防犯性能試験に合格した「CP認定」の玄関ドアを採用し、防犯性に配慮しました。

Structure

  • 地盤調査

    地層・土質・地下水の状態や地耐力などを調査し、地盤の状況に適した基礎の工法にて設計します。

    試験杭

    杭の打込み作業や杭の支持力を確認するために「試験杭」を実施しています。

  • 杭基礎

    ※一部拡底杭を使用しています。

    建物下には支持層まで届く長さの現場造成杭を29本打設しています。

  • コンクリート強度

    ※付属建物、杭及び外構等は除く。

    1㎡あたり最大約3,000t~約3,600tの圧縮に耐えられるコンクリート設計基準強度を採用しています。

  • ダブル配筋

    壁の配筋を2列にしたダブル配筋によって、シングル配筋より高い強度を実現しています。

    ※一部除く。

  • 溶接閉鎖型帯筋

    柱の帯筋の継ぎ目をあらかじめ工場で溶接する溶接閉鎖型帯筋を採用しています。継ぎ重ねのある帯筋と比べて粘り強い構造です。

    ※一部除く。

  • コンクリートかぶり厚さ

    建物劣化の原因となるコンクリートの中性化に配慮したかぶり厚(鉄筋を覆うコンクリートの厚さ)にて設計・施工をしています。

  • 二重床・二重天井

    床と天井の仕上げ材とコンクリートスラブの間に空間を設け、配管や配線をコンクリートスラブ内に可能な限り埋め込まない工法です。リフォームやメンテナンスの対応に配慮しました。

  • 外壁

    コンクリート壁(厚み約150mm)の住戸内側は断熱材を施し断熱性に配慮しています。外側はタイル張り又は吹付タイルにて施工しています。

  • 隣戸との間の戸境壁はコンクリート厚180mm〜220mmを確保しています。

    ※一部住戸除く。

  • 戸境壁/乾式耐火間仕切壁

    戸境壁の一部は乾式耐火間仕切壁とし、ボードとボードの間にグラスウールを充填しています。

  • 対震ドア枠

    強い地震時に建物が歪んでドアが開かなくなると、避難経路が確保できなくなる場合があります。ドア枠とドアの間にゆとりを設けているので、多少変形したときでも、開閉がしやすいよう配慮しています。

  • 耐震ラッチ

    キッチン吊戸には、地震時に扉が開いて物や食器等が落下しないように、一定以上の揺れに反応して扉をロックする耐震ラッチを採用しました。

  • 住宅性能評価

    国土交通大臣の登録を受けた第三者機関による設計住宅性能評価書を取得済みです。竣工時は建設住宅性能評価書も取得予定です。

  • 水セメント比

    水セメント比とは、セメントに対して混合する水の量の比のことで、水の比率が少ないほど耐久性の高いコンクリートになります。本件では、この水セメント比を50%以下に設定しています。

    ※付属建物、杭及び外構等は除く

  • 東京都マンション性能表示

    東京都の条例に基づき、環境性能を5つの項目において評価。「クレヴィア文京関口」は、「建物の断熱性」「設備の省エネ性」で3つ星の評価を受けています。

  • 断熱等性能等級4

    断熱等性能等級とは、10分野の住宅性能を評価する項目から成る住宅性能表示制度において、「温熱環境」の分野の性能を表す等級です。「クレヴィア文京関口」は最高等級の等級4を取得しています。

※掲載の室内写真は、モデルルーム(Dタイプ・メニュープラン・カラーセレクト/Relax Natural)を撮影(平成29年12月)したものです。家具、植栽、エアコン、造作家具、調度品等は販売価格に含まれておりません。Dタイプは分譲済み。予めご了承ください。また、水廻りセレクト、グレードアップセレクト、有償オプションが含まれております。タイプにより仕様・形状が異なる場合があります。
※メニュープランセレクト、カラーセレクト、水廻りセレクト、グレードアップセレクト、有償オプションについてはお申し込み期限があります。詳細は係員までお尋ねください。